サーバーエンジニア求人の年収

IT技術者の方は、多くの知識や技術力を持っていることになりますから、転職をする際には他業種と比べると有利な転職が出来ますよね。
違った業界でも、今までの経験を生かすことで他業種などにもチャレンジすることが出来るでしょう。
「サーバーエンジニアに転身をしたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。
しかし、どんな業種であっても転職となれば収入が気になると思います。

では、サーバーエンジニア求人の年収についてご紹介しましょう。
収入というのは、業種によっても変わってくるもの。
IT技術者の年収は、他業種と比べると高めの設定とはなっていますが、どういった企業で勤めるのか、どういった業種なのかによっても、変わってくることになります。
サーバーエンジニアの平均年収は、456万円となっており、やはり他業種と比べると高めの設定といえるでしょう。
一番多い年収としては、400万円から499万円。次に、300万円から399万円。そして、500万円から599万円となっています。
IT業界というのは、実力によって年収も大きく変わってきますから、今後どんどん年収平均が増える可能性はあるでしょう。
まだ、歴史の浅い業界でもありますから、今後知識や経験が増える方が増えていくことで、年収アップをする方が増えてくるはずですよ。

また、地域によっても年収差があります。
一番平均年収が高いのは東京都となっており、563万円。次は、山梨県で560万円となっています。一番平均年収が低いのは佐賀県で、217万円。東京都と比べると、かなりの差があることが分かりますよね。
このように、サーバーエンジニア求人は経験によっても変わってきますし、地域によっても変わってきます。
転身後は、どういった仕事をしていくかによって年収アップを叶えることが出来るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です